未分類

そもそも抵当権って?


家と通帳と電卓通常、住宅ローンを組む場合には、建てた住宅を担保に入れる必要があります。
もしもローンの返済が滞ったり返済不可能になってしまったりした場合には、担保に入れている住宅を売ることで債権の回収を行う必要があるからです。
これによって多くの人が住宅ローンサービスを利用できるようになっているわけですね。
銀行が行っているこの担保として土地や住宅を確保する権利を抵当権と呼びます
既に住宅を建てたことのある方ならばなんとなくその存在をご存知の方も多いのではないでしょうか。

抵当権を簡単に説明すると、登記によって法務局に手続きを行うことによって、上記のようなケースが発生した時に銀行が国の力を借りることができるというものになります。法務局への届け出を行うと、もしも返済不能な状態に陥ってしまった際には、国がその権利を保障して、銀行が優先的に債権回収のために土地や建物を取り上げることが可能になるため、つまり国のお墨付きをもらうために必ず抵当権の設定がなされるというわけです。

抵当権の設定は司法書士の資格を持った者が行う必要があります。抵当権設定登記をして法務局へと届け出ると、ようやく国からのお墨付きを得たということになり、銀行もお金を貸してくれることになります。


○関連記事○