未分類

家を売ると手続きもいっぱい?


マンション画像せっかく購入した住宅も、様々な事情で手放すこともあるものです。
仕事の関係上で転勤が必要になり、引っ越さなければならなくなったといったシーンはその代表的な例ですよね。
そして、住宅を手放す場合にはそれに応じて様々な手続きも必要になります。

住宅を売却するのならば、まずはその住宅が今どの程度の価値を持っているのかを知る必要があります。
不動産仲介業者に依頼して売却に必要となる諸手続きの代行をしてもらうのが一般的な流れとなりますが、そもそも業者と契約を結ばなければなりませんし、しっかりと売ってもらうためには業者自体のチェックもしなければなりません。この他にも住宅ローンを組んだ上で購入したというケースならば、ローンの残債をどうするかという問題も発生することになります。

ローンを解除するならば銀行との契約をしっかりと見直して、所定の手続きを行う必要がありますし、新たな住宅を購入するのであれば新たなローンへと借り換えを行わなければならず、その分必要となる手続きは増えることになります。

更に登記についても行政的な手続きを行う必要があるなどなど、家を売るためには無数の事柄を一遍にこなしていかなければなりません。住宅を購入する時にはいくつも手続きを経た上でようやく購入という形になるわけですが、手放すのであればその抹消手続きも必要になるわけです。当サイトでは抵当権抹消に関する必要な手続きについてご紹介していきます。