未分類

売却時には抵当権の抹消が必要


住宅ローンを組む際に銀行から必ず頼まれる抵当権設定登記ですが、この登記はローンの返済が不可能な状態になったら必要になるシステムですので、当然ながら土地や住宅を売却したり、あるいは住宅ローンが完済されたりした場合には不要になります。そこで登場するのが抵当権の抹消登記です。抵当権の抹消登記は設定された抵当権を解除するために必要な抹消登記で、上記のようなケースに至った時には自分で行う必要があります。(関連リンク:残債のある家・マンション売却 – 高く家を売る研究

書類の押印イメージローンが完済された時には、銀行側から抹消登記に必要となる書類一式が送られることになりますので、この書類を揃えて提出しなければなりません。
もしも不動産を売却する時になってもまだ抵当権が設定されたままだと、不動産仲介業者が取りあってくれない可能性もあり、話がこじれてしまうことも珍しくありませんので、書類が届けられた後にはすぐに抵当権の抹消登記を済ませてしまうようにしましょう。

もっとも話がこじれやすいケースは、ローンがまだ残っていて、住宅を売却することによってできた資金で完済するというケースです。この場合にはご利用中の金融機関に相談をして、所定の手続きを行っていく必要があります。自分勝手に住宅を売却するのではなく、必ず金融機関と相談するようにしましょう。


○関連記事○