未分類

抵当権抹消登記以外に必要な手続きと費用


不動産登記法住宅を売却して得た資金でローンを返済したいのであれば、抵当権抹消登記の他にも売主と買主の間で取り交わされることになる所有権移転登記や、買主がローンを組んで住宅を購入するならばまた新たに買主と利用中の金融機関の間で抵当権設定登記を行う必要もあります。
いずれにせよ、自分一人で全てを行うことは不可能ですので、司法書士の力を借りる必要が出てくるわけで、金融機関との綿密な相談も必要になります。
特に銀行側はお金を返してもらわないと困るわけですから、売主の一存で全てを決められるわけがありません。

それでは最後に抵当権抹消登記に必要になる費用についてですが、相場としてはだいたい1万円から2万円程度が必要となります。抵当権抹消登記に必要な実費としては物件1つに対して1000円ですが、司法書士への報酬が必要になり、そちらは司法書士事務所によってピンからキリまであり、5000円程度で行ってくれるところから1万円程度必要になるところもあります

この他にも住所変更登記なども住宅の売却に付随して必要になることもありますが、こちらも1万円前後で行ってくれる司法書士が多く両者合わせて2万円から3万円程度が必要になると考えておくと良いかもしれませんね。